令和2年度 光生病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 86
64 33 65 137 198
343 524 359
60歳以上の患者様が全体の約75.6%、さらに60歳以上の患者様の内、80歳以上の患者様は約46.9%と、関連施設からの入院を含め、高齢者を多く受け入れております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 手術なし 手術・処置等2なし 156 2.05 0 0.00% 86.44
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 122 32.56 3 2.46% 87.02
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 74 27.51 2 2.70% 87.86
01021xxxxx0xxx 認知症 手術・処置等1-なし 26 2.69 0 0.00% 89.00
150130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 21 20.90 3 14.29% 86.90
特別養護老人ホームなどの施設からの入院を多く受け入れており、肺炎、誤嚥性肺炎の患者様の中には、嚥下障害などの機能障害を併発している症例が多く、施設に転院するのではなくリハビリ部門と協力して診療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070520xx99xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術なし 46 11.88 1 2.17% 69.26
060160x099xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 手術なし 23 2.13 0 0.00% 56.04
080260xxxxxxxx その他の皮膚の疾患 18 10.59 0 0.0% 64.55
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術あり 15 10.1 - 0.0% 67.80
100330xxxxxx0x 栄養障害(その他) 手術処置等2-なし 14 11.25 0 0.00% 63.00
岡山大学形成外科と定型し、術後の管理や、リンパ浮腫治療センターでは、原発性、術後の二次性リンパ浮腫の患者様のマッサージ、バンディング等の指導を中心とした教育入院をりハビリ部門と協力して診療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)腱縫合術等 110 29.45 3 2.73% 56.30
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)関節滑膜切除術等 50 7.10 0 0.00% 52.72
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 29 42.59 0 0.00% 83.21
070250xx97xxxx 関節内症、関節内遊離体 手術あり 26 5.59 1 3.85% 18.62
070085xx97xxxx 滑膜炎、髄鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 手術あり 26 6.85 0 0.00% 56.08
野球スポーツ外来の増加とともに、スポーツ障害の手術症例が増加してきており、肘内側側副靭帯再建術、肘離断性骨軟骨炎に対する骨軟骨柱移植といった特殊な手術も行っております。人工関節においては、ナビゲーションを使用した術前計画通りの理想的な手術を行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 15 27.07 5 33.33% 75.93
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし - - - - -
1030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - - - -
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし - - - - -
岡山大学病院・脳神経外科と共同し、神経回復センターを設立。パーキンソン病の脳深部刺激療法(DBS)術前・術後におけるADL(日常生活動作)改善を目的に、リハビリテーションを中心とした治療に取り組んでいます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 2 6
大腸癌 2 1 8
乳癌 1
肺癌 6
肝癌 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
がん診療連携拠点病院と連携し、術前・術後の全身管理や、術後リハビリが必要な患者様の受け入れや、抗がん剤治療を行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
重症 32 35.38 83.97
中等症 12 34.25 86.83
超重症
中間程度の重症度の患者様が多く認められます。患者様の平均年齢が上がるほど、重症度があがり、平均在院日数が長くなる傾向が見られます。
脳梗塞のICD10別患者数等
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 24 32.71 82.75 16.67%
その他 13 40.92 83.46 15.38%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
脳梗塞の患者様の70.2%は、発症3日以内に治療が開始されています。早期診断、早期治療開始、早期リハビリとともに、円滑な急性期から回復期(リハビリ)への移行により、発症後のADL(日常生活動作)障害が軽減されます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻増設術(経皮的内視鏡下胃瘻増設術、腹腔鏡下胃瘻増設術を含む) 16 34.56 22.56 12.50% 83.89
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 直径2センチメートル未満
16 0.20 0.90 0.00% 64.30
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上
K654 内視鏡的消化管止血術
K610-3 内シャント又は外シャント設置術
大腸ポリープなど、消化器内科を中心とした内視鏡的手術を行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻増設術(経皮的内視鏡下胃瘻増設術、腹腔鏡下胃瘻増設術を含む) 11 2.00 9.25 54.55 77.63
K628 リンパ管吻合術 18 1.40 7.70 0.00% 63.30
K475 乳房切除術(性同一性障害) 11 1.00 7.00 0.0% 31.71
K6121ィ 末梢動静脈瘻造設術 内シャント造設術 単純なもの
K022-21 象皮病根治手術(大腿)
リンパ浮腫治療センターでは岡山大学形成外科と提携し、リンパ管吻合術や、術前、術後の管理、原発性・術後の二次性リンパ浮腫の患者様のマッサージ、バンディング等の指導をリハビリ部門と協力し行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K069-3 関節鏡下半月板縫合術 94 1.00 30.16 3.19% 62.68
K068-2 関節鏡半月板切除術 38 1.16 4.66 0.00% 59.66
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 33 1.00 31.00 6.06% 74.50
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術 肩、股、膝 28 1.00 3.22 0.00% 59.56
K0483 骨内異物(挿入物を含む) 除去術、前腕、下腿 23 1.00 3.79 0.00% 47.00
肩疾患では肩腱板断裂に対して肩関節鏡下腱板修復、肩関節脱臼に対して肩関節鏡下関節唇修復を行っており、低侵襲で行える肩関節鏡のみですべての手術を完結しております。人工関節においては、ナビゲーションを使用した術前計画通りの理想的な手術を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 10 0.5%
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる 132 6.28%
180040 胃瘻機能不全(PEG交換) 同一 154 8.0%
異なる
嚥下障害などの機能障害を併発しているため、口から食事のとれない方や、食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい方に、直接胃に栄養を入れるための「胃瘻」という、造られたおなかの口に取り付けられているのが胃瘻カテーテル(チューブ)です。耐久性はありますが、破損や抜去、閉塞などの胃瘻機能不全に対しては胃瘻カテーテル交換を行い、また胃瘻機能不全を防ぐために、定期的な交換を行っております。
更新履歴
2021/09/16
更新